建売住宅の不満点をリフォームで改善

2人の子供が中学生と小学生高学年になった時に、住んでいた家が手狭になったので、大阪市で注文住宅を購入しようか迷いましたが建売住宅にしました。建売住宅では、どうしても不満な点もありますが、予算を勘案して購入したものです。

そんな我が家も、20年近く経ち、あちこちに不具合部分も生じて来ていました。また子供も独立して夫婦2人の生活に戻った事もあり、老後を考えたリフォームを思い切って行いました。

購入当初から、不満だった2階の2間続きの6畳の和室にあった中途半端な半畳の吊り押し入れを取り払い、2階にもトイレを設け、水回りを含めてあちこち手を入れました。

費用は結構掛かりましたが、それでも老後に少しでも長く自宅で暮らせるように、段差をなくす等のリフォームも施しました。

それから数年経った現在、高齢化により夜中にトイレに行く事が増え、2階で就寝している事から、2階にトイレを設けた事が大変良かったと感じています。

私のケースは建売住宅ですが、注文住宅であっても、経年により家族構成や生活パターンも変化する事から、住みやすさを追及するなら、一度は大規模リフォームを考えて、しっかり資金を積み立てておくべきだと思います。